シティー ハンター 二 次 小説。 シティー ハンター 二次 小説 (シティーハンター)

彼らの日常

ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー

希望的観測を込めて、前者のせいにしたい。

18

by my side

ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー

これみよがしに「今夜は遅くなるから」なんて互いのパートナーに言い捨てて出てきた時には、 相手の顔を見てふんっ、とさえ思ったのに。 俺の言葉に操られたように香の両手が俺の腹の前まで差し出された。 なんたって理性のロープはすでにざっくり切断済みなわけだし。

5

彼らの日常

ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー

「・・・っ」 一瞬僚が動きを止め、そして更に行為を激しくさせ、香を狂わせた。 それは申し訳ない。 確かに…さすがの俺もちょっと体力消耗気味だったからな。

12

by my side

ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー

なら…次は…。 まっすぐ前を向いたまま運転する僚は現れてからまだ一度も口を開いていない。 これ以上この男の思い通りになりたくないと、欲望に流されそうになる自分を抑える。

6

シティー ハンター 二次 小説 (シティーハンター)

ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー

…クソッ。

彼らの日常

ハンター 二 次 小説 シティー ハンター 二 次 小説 シティー

俺はしっかりと両足を床の上につき、その内側に香を抱き寄せた。

20