静夜 思 現代 語 訳。 静夜思

静夜思 書き下し文・口語訳

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

唐代の詩人于武陵(うぶりょう)の詩「勧酒」(かんしゅ)を訳した、井伏鱒二の妙訳にインスパイアされたという。 月を見れば家族を思い故郷を思い…詩人はいつの間にかうつむいて思いにふけっています。

高等学校古文/漢詩/静夜思

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

前の詩「宣州の謝朓樓にて 校書叔雲に 餞別す」と同じく、南北朝時代の詩人謝朓に関係しています。

15

静夜思

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

第一句 第二句 第三句 第四句 第五句 第六句 第七句 第ハ句 三 口語訳 第一句 静かな夜、寝台の前に月の光を見つめている。 解説 「玉階怨」と同じく、宮中にいる女性の満たされない思いをしっとりとロマンチックに描きます。 第2句の冒頭「疑是」は「~と疑った」ということではなく「これって~ではないの?」という語感を持つ比喩・たとえです。

18

『早発白帝城』李白 【原文・書き下し文・現代語訳・解説】

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

こうして向かい合っていて飽きが来ないのは、 ただ敬亭山だけである。

静夜思

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

李白は謝朓の足跡を訪ねてこの地を訪ねたのです。

5

静夜思(せいやし)井伏鱒二訳

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

故郷は蜀(四川省)と言われていますがはっきりはしません。

10

李白「静夜思」|桂花|note

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

日本の山に住む猿の鳴き声は「キーッ」という甲高い声ですが、長江の山に住む猿はどんな声なんでしょうか。

12

『静夜思』李白 【原文・書き下し文・現代語訳・解説】

語 現代 訳 思 静夜 語 現代 訳 思 静夜

流罪の刑を受けた李白は辺境の地・夜郎(やろう)に向かいますが、すでに60近く、体力気力が衰える年齢で流罪とは…大詩人・李白の人生は決して順調で華やかなものではありませんでした。 李白は、既にこの地(安陸)で家庭を持っていたようですが、故郷への思いは時に抑えがたいものになっていたのでしょうか? (参考書籍:『漢詩を読む 李白100選』石川忠久著 NHKライブラリー) 今日は綺麗な満月を眺めることができますように。

20