宇 善 小説。 腐滅の刃

『鬼滅の刃公式小説版』片羽の蝶のあらすじと挿絵まとめ

善 小説 宇 善 小説 宇

「あ?丁度通り掛かったから煉獄に一声掛けようとしたら煉獄から上がれって言われたんだよ。 「善逸。

生きる理由になれたなら【宇髄天元】

善 小説 宇 善 小説 宇

可愛い所を見せろ」 低く艶めいた声音で熱い息を耳に吹き掛けられ善逸は鼓動が速まり胸の奥がきゅんと痛くなって切なくなり、違う意味で泣きそうになった。

『鬼滅の刃【短編集】』第2章「可愛いメイドちゃん【宇髄×善逸】※善逸目線」 25ページ

善 小説 宇 善 小説 宇

約43件の落札価格は平均1,556円です。

17

◆離す訳がない(煉炭♀宇善♀)

善 小説 宇 善 小説 宇

「…ひぅっ……ぁあ…っあ…。 見ないように。 善逸はケーキが入った箱を潰れないように抱き締めて嬉しそうに煉獄にお礼を言った。

腐滅の刃

善 小説 宇 善 小説 宇

先生が俺を連れてきたのは、近くにある寿司屋だった。

宇善

善 小説 宇 善 小説 宇

俺の尻にもう1度指を入れる。 あれ以来絶対に炭治郎を怒らせないようにと胸に誓った。

6

宇善 小説 1000

善 小説 宇 善 小説 宇

昔はよくケンカをした。 校則を破る生徒に逆ギレされ、怯えながらも服装チェックしている。

10

◆離す訳がない(煉炭♀宇善♀)

善 小説 宇 善 小説 宇

教育熱心で生徒からの人気も高い。

6